プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

1988 7/21 2nd Album 「PANICK ATTACK」発売

このアルバムのレコーディング前にキーボードの向井美音里が脱退。
ジャケット、ブックレット共に4人のメンバーで写る。
レコーディング中に川西がモヒカンにした。
発売日のこの日は大阪近鉄小劇場でライブ。
なぜかアルバムタイトル名のツアーは10月からスタートする。
6月には阿部義晴がキーボードで正式加入。
アルバムタイトルの由来は、ケンカをしている子供が泣きながらぶつかって行く時のような、無茶な攻撃をイメージしてつけたんだと当時言っていた。

f0153822_14314762.jpg
[PR]
by unicorn-osuki | 1988-07-21 19:48 | RELEASE | Comments(6)
Commented by EYA at 2007-10-24 01:27 x
ペケペケのクリップが大量に流れていたのはこの頃・・・?
温泉の湯船から飛び出るアレはひときわ話題をさらってました。
だいぶ後にウルフルズのガッツだぜ!のPVを見た瞬間にこのクリップを突如思い出したのは私だけ?
Commented by YURINO at 2007-10-24 21:49 x
EYAさんが言うように温泉からギター弾きながら出てくる民生サマ話題だったよね!
水もしたたるいい男♪超素敵゚+.ヾ(´∀`*)ノ キャッキャッキャ。+.゚
Commented by りんね at 2007-10-25 20:26 x
パニックアタック大好きです!
解散後もいーっぱい聴きました♪
私が小2の時にパニックアタック、小3の時に服部がリリースされて、この2枚はホントに大好きだったなぁ(*^_^*)♪
いつも、お姉ちゃんと一緒にCD聴いたりビデオ見たりしてました。
服部ツアーの時には、地元の文化会館でライブやってたみたいだけど、それを知ったのは何年も先の話。。。
子供だった自分が悲しいです(T_T)
Commented by かずかず at 2007-10-31 12:28 x
ペケペケのEBIさんの声にやられました。一瞬にして虜に・・・。
Commented by スマボー at 2009-03-10 11:12 x
Panic Attackの名の由来(とおぼしきもの)、初めて知りました。
目から鱗です。ありがとうございます。
Commented by 由美子 at 2009-05-12 23:46 x
ブームに続き、パニックアタック、大好きです。当時高校生だった私は顔も格好も、声も曲も、全部が好きなんて、衝撃でした。今年38歳ですが、ずっと聴き続けています。民生さま、ずっと好きです。
ブログトップ

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。