プロフィール ユニコーン

ユニコーン

1986年、広島で奥田民生(Vo)、EBI(B)、手島いさむ(G)、川西幸一(Dr)、向井美音里(Key)の5人が集まりユニコーンを結成、翌年アルバム「BOOM」でデビュー。'88年の阿部義晴(Key)が加入後はメンバー全員が曲を作り、ヴォーカルをとる自由なスタイルで活動。名曲を多数残し、1993年に解散。
解散後のメンバーはバンドやソロでそれぞれが活動。これまでトリビュート盤やセルフセレクションなどが発売されていたが、2009年16年ぶりの新曲をひっさげて再始動!


Z


リリース

デビュー25周年記念BOX
「Quarter Century Box」
2012年10月25日発売!!

Z2

MINI ALBUM
「Z II」
2011年8月31日発売!!

Z2

ALBUM
「Z」
2011年5月25日発売!!

Z

SINGLE
「デジタルスープ / ぶたぶた」
2011年4月27日発売!!

デジタルスープ / ぶたぶた

SINGLE
「裸の太陽」
2010年6月9日発売!!

裸の太陽

DVD BOX
「勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~」
2010年4月8日発売!!

勤労ロードショー ~MADE IN JAPAN~

LIVE ALBUM
「勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~」
2009年12月23日発売!!

勤労ロードショー ~LIVE IN JAPAN~

ALBUM
「シャンブル」
2009年2月18日発売!!

シャンブル リンク UNICORN.JP
音楽評論家平山雄一のユニコーンの今から昔から
Hit&Run

立ち上がるっす

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、
亡くなられた方々のご冥福を深くお祈り申し上げますとともに、
被災された皆様、そのご家族の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

ご存知の方もいるかと思いますが、本日、ユニコーンは2009年からのツアーなどで着用した衣装などをSMA Time for Action!のチャリティーオークションに出品する事を発表しました。。
f0153822_12235545.jpg
このチャリティーオークションは1年ほどかけて長期的かつ継続的に続けていきます。
そこで、何パターンも作ったユニコーンの衣装を毎回1パターンずつ、メンバー全員分をここで長期的かつ継続的かつ定期的かつ積極的かつ集団的かつチャリティー的かつオークション的に行いたいと思います。

今回、衣装の撮影用にマネキン『命名:ヨコタダイキチくん(独身)』も購入しちゃいました!
このダイキチ君、腕が曲がるので、同じように見える5枚の衣装を撮影するとき、ちょっとだけポーズを変えてみちゃったりしました!
その衝撃的な写真はオークションページでご堪能くださいませ。

ここでは、なかなか見れないダイキチ君の“高等部”ならぬ“後頭部”をご紹介!037.gif
f0153822_12204065.jpg


そうそう!この衣装は、同じように見えて、川西君の衣装はドラムが叩きやすいように左右のスソの長さが違ったり、隠れたところにマジックテープが貼ってあったり、じつはビミョ~ウにこだわってるんです。
落札された方はお手にとってご堪能ください!

オークションのスタートは、本日の12時~13時の間になりそうです。
このほかにもPuffyや木村カエラちゃんの出品もありますよ!
ヤフーさんが順次スタートしてくれるので、オークションサイトをチェックしてみてください!

※・・・といいつつ、チャリティーオークションのトップページからの入り口は夕方にオープンみたいでした。
コチラからどうぞ!

http://topic.auctions.yahoo.co.jp/charity/2011sanrikuoki_ms/post_8/index.html

f0153822_12274949.jpg

[PR]
by unicorn-osuki | 2011-03-29 12:32 | Comments(0)
ブログトップ

以前の記事

カテゴリ

最新のコメント

タグ

(94)
(24)
(21)
(18)
(16)
(11)
(11)
(10)
(6)
(5)
(4)
(3)
(3)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

Excite musicの連載ブログ

おことわり

コメント、およびトラックバックは、エキサイト株式会社にて、当ブログへのコメント、およびトラックバックとしてふさわしいか、誹謗中傷や公序良俗に反する内容が含まれていないかどうかを確認致します。内容により予告なく削除する場合もございますので予めご了承ください。また、掲載された記事・写真等の無断転用を一切禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。